ゲームと世界が出会う: ゲーム開発におけるプレイヤーの役割

プレイヤー エクスペリエンス プログラムで信頼を築く


購入者を理解すること。非常に単純なコンセプトですが、創作物の細部に至るまで徹底されることはまれです。

ゲームも例外ではありません。この業界で働く人間は自身も熱心なゲーマーであることが多く、自分が開発しているゲームが楽しく、人気を集め、多くの利益を生むものになるのは当然であると考えがちです。しかし、ゲーム業界の人間の嗜好は、必ずしも市場のプレイヤーと一致するとは限りません。実際のところ、リリースを心待ちにしているわけではないライトゲーマーからの意見は、内輪のやり取りでは決して得られない気づきを与えてくれます。

開発スタジオとプレイヤーのグループの間に長続きする関係を築く作業は、私たちの日常生活における人間関係の構築とさほど変わりません。すべての基礎に信頼があります。スタジオについては、プレイヤーに対する共感や積極的関与を示し、ゲーム内の問題やゲーム外のコミュニティの意見に素早く反応すること。ゲーム サーバーについては、新しいリリースに伴う新規プレイヤーの急増に対応できること。ゲーム エクスペリエンスについては、世界のどこであろうと、あらゆるプレイヤーに同じ品質の体験が提供されていること。ゲームについては、開発の最初期からゲーマーが関わったものとして、プレイして面白いものであること。これらのことをプレイヤーが信頼できなくてはなりません。

正式なリリース前にゲームを体験する潜在プレイヤーの数が増えるほど、より自信をもってゲームを公開することができるようになります。そのため、ローカリゼーション、LQA、FQA、CQA といった無数の段階が完了するまで待つことはせず、早い段階で作品を世界に発信することが重要です。早期かつ継続的にフィードバックをプロセスに統合することで、プレイヤーの体験が可能な限りベストなものになります。

プレイテストとは

ローカリゼーション、コンプライアンス、互換性、機能といった品質のテストは、定められた基準を元に完成度を評価されますが、開発スタジオは定量的な評価を超越して、魅力あるエンターテイメント体験を提供しなくてはなりません。そこでプレイテストが必要になるわけです。プレイテストは、ゲームの「面白い」要素を評価し、その魅力が長続きするかどうか判断するうえで唯一信頼できるソースとなります。ある意味で実稼働と同じ環境からフィードバックを得ることで、リリース後にネガティブなフィードバックを受けることがなくなります。

プレイテストは、開発後期段階における他の品質評価と同一視されることがよくあります。結局は「テスト」なら、他のテストのついででいいだろうと... これは犯してはならない非常にありがちな間違いです。バグの発見やゲームを破綻させることを一日中強いられる作業者は、一般的なゲーマーと同じような方法でゲームをプレイしたり、体験したりすることはありません。その結果、「木を見て森を見ず」の問題が生まれます。

すべての QA がプロジェクトの準備段階でスケジュールや予算に組み込まれるのと同様に、プレイテストやフォーカス グループ調査などのプレイヤー インタビューを開発サイクルに組み込むことは非常に重要です。

 

"すべての基礎に信頼があります。"

テストプレイの重要性

ローンチ期間の初日を想像してみましょう。協力者に一人ずつプレイしてもらいながら要求に応え、何か月もの間、手間暇を惜しまず開発してきたゲームがリリースされます。それまで一人しかいなかったプレイヤーが数百万人になった瞬間... すべてが破綻します。

負荷テスト (あるいは、その仲間のストレス テスト、ボリューム テスト、スケール テスト) は、ゲーム開発プロセスにおいて見過ごされがちです。初期のレビューが先行予約数を大きく左右すること、初日の対応が長期的成功の重要な予測因子となることから、サーバーが初期プレイヤーの負荷を処理できない場合、売り上げの回復が困難または完全に不可能になる可能性があります。プレリリース段階でストレス テストを行うことは非常に重要です。

ライオンブリッジのプレリリース テスト サービスは、世界中のゲーマー グループを活用し、高品質のゲーム体験を提供できるようサポートします。これらのサービスはラボベースのテストをより完全なものとするのに不可欠です。

コミュニティを育てる

ゲームは世界に公開された後 (あるいはその少し前から)、独り歩きし始めます。長年、多くのゲームマニアが集まってきたフォーラムは、チャットに置き換わるものではありません。Reddit、Discord、Twitter など、世界中にいるプレイヤーに対応するには、コミュニティ マネージャーが必要です。コミュニティ マネージャーはゲームの外であなたの耳となり、目となり、声となります。

各コミュニティに組み込まれたブランドのファンは、ユーザーの間で起きている問題について早期に警告を発し、欲しい機能の要望を上げ、今後の追加コンテンツについて大々的に宣伝し、コミュニティを健全かつ安全に保つことに貢献してくれます。こうしたファンとの接点は、頻繁かつ継続的でなくてはなりません。ゲーム開発には、こうした関係を発展させることも含まれます。コミュニティ管理を適切に行えば、ゲームや開発スタジオに対する信頼を高めることができます。

大切なプレイヤーをサポートする

お客様のゲームは、長期にわたってプレイされることを想定したものでしょうか? そうである場合は、プレイヤーのサポートを後付けで行ったり、必要経費のように考えたりしないようにしましょう。現代のプレイヤーはデジタル ネイティブであるため、サポート チームへの連絡手段は迅速かつ便利であることが期待されます。ここで重要なことは「楽しさ」ではなく、あらゆるチャネルを使ったシームレスな体験を提供することです。ゲーム開発スタジオは魅力的なゲームの設計と開発は得意でも、サポートに関してはそうでないということがよくあります。

優れたサポートが製品の長期的な成功にとって非常に重要である理由は数えきれないほどあります。購入価格と生涯価値 (LTV) によって経済性を判断されるゲームの世界では、なおさらです。サポートが優れていれば、解約率が低く抑えられ、プレイヤーを失うことがなくなります。サポート エクスペリエンスが向上するほど、サブスクリプションは継続され、購入が増え、ゲームの LTV を最大化することができます。

ゲームのローンチ時には、コミュニティ プランの一環としてサポート プランも準備できていることが理想的です。プレイヤーとの橋渡し役をお求めの場合は、ライオンブリッジにお問い合わせください。

 

関係を作り出して維持する

ゲーマーと開発スタジオを結びつける時空を超えた

架け橋を築くことは、ゲーム制作の欠かせない要素のひとつです。ライオンブリッジは常に人間関係の構築を得意としてきました。スタジオとプレイヤーの関係構築についても喜んでお手伝いします。

当社のプレイヤー エクスペリエンスの専門家に是非お任せください。


linkedin sharing button
  • #game-testing
  • #player-experience
  • #blog_posts
AUTHOR
トミー ラシャンブル、エイプリル M. クレハン