ゲーミングの「ライオン」たち:オーブリー バルフォー

テスト リード (アメリカ、アイダホ州ボイシ)


今回紹介するのは、ライオンブリッジ ゲーム部門のテスト リード、オーブリー バルフォーです。テスト チームの管理や、お客様とチーム間のコミュニケーションの窓口を担当しています。学ぶ姿勢を尊重し、丁寧な指導を重視する環境で仕事ができることに満足しているというオーブリー。オフ タイムには、ハンドクラフトを楽しんだり、オペラの合唱隊で歌ったりしています。

ライオンブリッジでの職務を教えてください。

テスト リードとして、開発企業と当社のテスター双方の橋渡しとなり、開発企業が必要とするすべてのものを提供できるように調整することです。また、開発企業がまだ気付いておらず、これから必要になるだろう内容について提案することもあります。

これまでライオンブリッジで仕事をしてきてどうでしたか。

テスターとして入社したのですが、好奇心と学習意欲のおかげでテスト リードになることができました。

入社前の経歴を教えてください。

哲学の学士号を取得した後、ライオンブリッジ ゲーム部門に入るまでは小売店で働いていました。IT やソフトウェア エンジニアリングの経験はありません。ですが入社して、私はここが学習や指導を重視し、プロフェッショナルとしての好奇心に敬意を払うコミュニティであることに気付きました。意欲がある限り、学ぶことに協力してくれるのです。

現在の役割で最もやりがいを感じていることを教えてください。

一番やりがいを感じるのは、異なるグループの人々との交流です。お客様、テスター、両方と話す機会がありますし、プロジェクトが進化する様子を双方の視点から見られるのはとても楽しいです。

ゲーム業界で働く上で心躍ることを教えてください。

日々発生しているあらゆるイノベーションを垣間見られることが、とても気に入っています。朝に問題が発生しても、その日の終わりに開発者がその問題を修正するばかりか、そこから発展させて、まったく新しいゲーム モードやイベントを作り上げてしまうのです。ゲーム開発者のクリエイティビティには、ただただ驚くばかりです。

今年のチームの予定で最も楽しみにしている出来事を教えてください。

ボイシのチームは近年、評価においても規模においても成長を続けています。ゲーム業界における重要なトレンドや自身の職場の成功に立ち会えるのはよいものです。今年はさらなる成長を楽しみにしています。

今、好きなゲーム タイトルはなんですか。

いくつかありますが、『Mass Effect 』3 部作や『ドラゴンエイジ』シリーズが好きですね。でも実は、PC ゲームのリアル タイム ストラテジー ゲームが大好きなんです。

住んでいる場所について教えてください。どんなところが気に入っていますか。

アイダホ州ボイシに住んでいます。ここではいろいろなことを試せるので、それが気に入っています。たとえば、思いつく限りほとんどの食べ物が手に入ります。また、施設も幅広く揃っています。美術館や、アイダホ歴史記念館、それに動物園、水族館もあるんです。市の中心部から数分でハイキングやキャンプ、魚釣りもできるところも気に入っています。冬には車で 1 時間ほどでスキー場に行くこともできます。

おすすめの観光スポットを教えてください。

一番おすすめしたいのは、The Peregrine Fund という民間基金が作った世界猛禽類センターです。The Peregrine Fund は元々ハヤブサの絶滅を防ぐために形成された組織ですが、今ではあらゆる種類の猛禽類を絶滅から守る国際組織となりました。

趣味はなんですか。

ゲームはもちろん楽しんでプレイしていますが、ハンドクラフトも大好きですし、「オペラ アイダホ」というボイシの合唱隊にも入っています。

職場でゲームをプレイすることをどう感じていますか?

仕事としてゲームをプレイすることになるなんて考えてもいませんでした。とても充実しています。新しいイノベーションを世に出る前に内側から見ることができるんです。新しいものに関われる環境は、間違いなく人生の刺激になっています。


linkedin sharing button
  • #game-testing
  • #blog_posts
  • #gaming
AUTHOR
ライオンブリッジ ゲーム